Blaufränkisch "Leithaberg" / ブラウフレンキッシュ "ライタベルク"

query_builder 2021/03/25
ブラウフレンキッシュ "ライタベルク"

オーストリアで最も偉大な黒葡萄といえば、ブラウフレンキッシュで間違いありません。

オーストリアは世界屈指のビオディナミ大国なので、オーガニックワインには事欠きませんが、ナチュラルに醸造されたブラウフレンキッシュって、実はかなり少ないんです。

その理由は、オーストリアのナチュラル生産者の多くが、ツヴァイゲルトという黒葡萄がより一般的なシュタイヤーマルクに集中しているからです。

しかし、近年オーストリアナチュラルワインの第二のホットゾーンとして、ノイジードラーセが大きな注目を集めています。

そして、期待した通りのワインが登場しました。 ナチュラルかつクリーンなブラウフレンキッシュです!

ピノ・ノワールとシラーを足して、ちょっとシラー寄りにした味わい、なんて表現されることも多いこの品種ですが、それはオーストリアの伝統的な「カチッとした」ワイン造りを行った場合のことです。

よりナチュラルに仕上げたら、随分とピノ・ノワールに寄ってきました。 しかも、葡萄はこの地方屈指の銘醸エリアであるライタベルクから。

名手ハインリッヒによる、自然への回帰と、純粋さを表現する確固たる哲学が、ブラウフレンキッシュとライタベルクのポテンシャルによって、余すことなく表現されています。

ブルゴーニュお好きな方にこそ飲んでいただきたい。 お値段はブルゴーニュの有名な村の村名ワインに比べると半額程度。 でも品質は圧倒しています。